定義如来【浄土宗極楽山西方寺】

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

大倉ダムの北西部の山中にある寺で、本尊に阿弥陀如来像を祀り、800年の歴史を持つ平家の隠れ里にあるお寺です。

安徳天皇の塚の上に植えられた2本のけやきが成長するにつれて結ばれたことから「連理のけやき」と呼ばれ、縁結び・子授けのご神木として多くの人々の信仰を集めています。ご祈祷は毎日定時に行われています。

名物揚げたての「三角あぶらあげ」がおすすめです。

<URL>  http://www1.securev.jp/~johgi/

<TEL> 022-393-2011

新着記事

  1. 笑いにはうるさいやまぼうしスタッフが自信を持っておススメする…
  2. 皆様こんにちは!やまぼうしスタッフの栞です。 今朝の泉ヶ岳…
  3. 皆様新年あけましておめでとうございます。 昨年中は格別の…
  4. 寒い日々が続いておりますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?…
  5.  皆さんこんにちは!  いよいよ12月を迎え今年も残りわ…
  6. 冬の訪れを告げる「2017SENDAI光のページェント i…
  7. 少しずつ冬が近づいている今日この頃、 皆さまいかがお過ご…