定義如来【浄土宗極楽山西方寺】

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

大倉ダムの北西部の山中にある寺で、本尊に阿弥陀如来像を祀り、800年の歴史を持つ平家の隠れ里にあるお寺です。

安徳天皇の塚の上に植えられた2本のけやきが成長するにつれて結ばれたことから「連理のけやき」と呼ばれ、縁結び・子授けのご神木として多くの人々の信仰を集めています。ご祈祷は毎日定時に行われています。

名物揚げたての「三角あぶらあげ」がおすすめです。

<URL>  http://www1.securev.jp/~johgi/

<TEL> 022-393-2011

新着記事

  1. 皆さんこんにちは! 連日暑い日が続いておる中、やまぼうし周辺…
  2. 皆様こんにちは!やまぼうしスタッフのよもぎで…
  3. 皆様こんにちは!やまぼうしスタッフのよもぎです。 今年も…
  4. みなさんこんばんは! 突然ですが皆さんこの花をご存知でしょ…
  5. 皆さまこんにちは! 梅雨入りの時期となってジメジメしてき…
  6. こんにちは、やまぼうしスタッフの栞です。 仙台では、今週末…
  7. 当館で提供している料理の内、魚介類は料理長が自ら市場へ買い付…